ワルくるみ対策 ~ 失敗編 その3と様子見。



ー あらすじ ー

くるみが飲み水用の器で遊ぶことを覚え

毎度毎度水をこぼし、それを見かねたオットとツマが

なんとか器で遊ばないように対策できないかと奮闘する物語。





前回失敗だったコレ↓

① オット作:ただ囲うだけ。

b0365255_23481767.jpg





②ツマ作:2.5kgの重石をセットし動かせない方式。

b0365255_00064661.jpg








どちらも、くるみに難なく動かされてしまったので新作を。


まず


くるみが器をどうするかというと、

・器 or 木枠ごと床を滑らせて遊ぶ、
        
水が波打って水浸し。

・器の側面下部分を持ちあげ、器を傾け、

シンプルに水をこぼす。


ということは

・器を傾けられないようにする。
・重くする or 滑らないようにして動かせないようにする。

このあたりがキモだと思います。




③オット作:器を触れない作戦。①の改良版。

b0365255_23481789.jpg



すでにお試し済みですが
改良版と言いつつ、水の滲みができてますねぇ・・
木枠だけだと4つ角の隙間に手(前足)を入れて器をすくい上げて
水をこぼしてたとのことで角の隙間を塞ごうと板を貼りつけたそうですが
今度は水の中に手を入れ、びちょびちょの手で辺りを濡らしてたそうです・・
失敗。



そんなミドル夫婦はホームセンターに向かいました。

色んな売り場を見て回り、何か使えそうなものはないか

そして結局購入したものはこちら

b0365255_23481725.jpg

人間用瀬戸物(左)

結構分厚い陶器です。

重いです。

水を入れた重さが1kgです。

底も滑りづらそうです。

そして重要なポイントが
『高台』がないことです。

今までひっくり返されていた右の器は高台があって
シュッとしていますが
New器はずんぐりむっくりでコロンといかないんです。

使い始めて数週間でしょうか。
器は気が付くと少し移動してることが多いのですが
重たいせいで波打つほど動かせず
ずんぐりな形のせいで下から持ちあげることもできず
なかなかの滑り出しです。

まだ成功なのかわからないので1つしか購入してませんが

昨日、

ツマ「スペアもう1個買おうか!」と言ったところ
オット「いやぁ~まだわからんよ。くるみだよ?」

そうだよね、くるみだもんね。

いつもいつもニンゲンの上をいくくるみ。

なんか、対策するたびにくるみはそれを突破するんです。



「よっしゃーー!ミッションクリアーッ!!」


って思ってるかもしれません。。




[PR]
by cha-mame-217 | 2017-03-04 07:57 | 猫 日常 | Comments(0)